加湿器病とは

加湿器病とはアレルギー性の肺の病気のことで、「過敏性肺臓炎」の一つに挙げられています。加湿器病は一時期超音波式加湿器がブームになった頃、頻繁に起こりました。超音波式加湿器は水に熱を加えるわけでもなく、フィルターで浄化するわけでもないので、水の雑菌をそのまま噴射するからです。

加湿器病を予防するには、加湿器の選び方が重要なポイントとも言えます。せっかく風邪予防のために加湿器を購入しても、その加湿器が原因で加湿器病になってしまったら、本末転倒な話です。超音波加湿器は選択肢としてのぞくとして、その他の加湿器でも日常のお手入れは必要です。

乾燥しがちの冬の間加湿器を使うご家庭が多いと思われますが、使用している間はこまめに手入れしていても、暖かくなったらそのまま閉まってしまうこともありがちです。これを防ぐには、手入れしやすい加湿器を選んで、加湿器病を予防しましょう。ポイントは水を入れるタンクの内部まで洗えることと、フィルターの掃除です。

日常忙しい方や、めんどくさがりな方はお手入れのしやすい加湿器を選ぶことをお勧めします。加湿器病は風邪よりも遙かにやっかいで、症状が重い病気ですから。